​■2重チェック体制

お客様に末永く安心してお住まいいただくために​万全の2重チェック体制を採用しています!

■検査1(第三者JIO検査)

JIO

▶ 第1回目 検査(配筋検査)

基礎仕様計画書の指示内容以上で、かつ図面通りかチェックします。

基礎配筋全景

基礎配筋全景

基礎配筋検査

基礎の配筋が図面通りに施工されているかチェック

基礎配筋検査

鉄筋の太さや間隔のチェック

基礎配筋検査

鉄筋をつなぐ部分での重ね長さの確認

▶ 第2回目 検査(構造躯体検査)

必ず建築士の資格をもった検査員がチェックします。

構造躯体検査

提出した図面と照らし合わせながら行われます

構造躯体検査

柱の位置確認

構造躯体検査

土台を固定するアンカーボルトの位置・固定の確認

構造躯体検査

土台の結合部の確認

構造躯体検査

筋かいなど耐力壁の位置確認

構造躯体検査

梁の接合部の確認

構造躯体検査

接合金物の取り付け確認

構造躯体検査

木材の断面寸法の確認

●JIO検査について

JIOの検査は、家が建つ過程において、

重要なタイミングで調査を行います。

基礎配筋検査、構造体検査と厳しい基準に照らし合わせてチェックをします。
各過程で不備がある場合は、合格するまで次の工程に進むことは許されません。

■検査2(自社検査)

当社の教育体制は万全です。自社の監督が現場を厳しくチェックします。

▶ 第1回目 自社基礎配筋検査

基礎仕様計画書の指示内容以上で、かつ図面通りかチェックします。

▶ 第2回目 自社構造躯体検査

自社の現場監督がチェックします。

自社構造躯体検査
自社構造躯体検査

柱の位置確認、土台を固定するアンカーボルトの位置・固定の確認

▶ 第3回目 自社外装下地検査

自社の現場監督がチェックします。

自社外装下地検査

▶ 第4回目 自社最終検査

自社の現場監督及び社員、協力業者で最終チェックします。